アミノ酸とダイエット

2019年5月27日

私たちのカラダは、約60%が水分、そして約20%がたんぱく質で構成されています。
アミノ酸は、地球に存在する最も古い栄養成分で、たんぱく質の最小単位です。現在地球上では300種類ほどのアミノ酸が発見されていますが、人間のカラダを構成しているのはたった20種類脳、内臓、骨、神経伝達物質、ホルモン、血液など、カラダを構成するもの全ては、これらのアミノ酸が複雑にからみ合ってできています。
通常の食事をしていればアミノ酸が不足することはありませんが、ダイエットなどで偏った食事をしているとアミノ酸が不足し、成長や健康に影響を与えることがあります。

私たちの体の中に、リパーゼという脂肪分解酵素があります。リパーゼは、脂肪を分解し血中に放出することで、溜まっている内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きを持っています。そのリパーゼの働きを活発にするのが、●フェニルアラニン ●アルギニン ●リジン ●プロリンの4つのアミノ酸です。

どんな食べ物に含まれているのでしょうか。

上の順に

しじみ、ホタテ、酢、牛肉

鶏肉、えび

魚介類、肉類、白花豆、レバー

いか

です。

ただ最も注意すべきは、ダイエット中にアミノ酸(=たんばく質)をとらない食事を続けると筋肉が落ちて基礎代謝が低下し、エネルギーを燃焼しない体になってしまう事です。これがリバウンドの大きな原因の一つです。

アミノ酸のチカラをダイエットに活かすには運動が必須。アミノ酸と運動を組み合わせてダイエットを成功させましょう。

LINEで送る