自律神経を整える栄養素

2019年5月14日

こんにちは☆エステスペース川西店です。ブログ画像日頃から呼吸を整えて生活することが、自律神経を整えることにもつながります。呼吸法には、自律神経の交感神経・副交感神経それぞれの働きを高めるものがあるため、その使い分けを意識することがポイントとなります。
交感神経の働きを高める「胸式呼吸」
「胸式呼吸」とは普段私たちが行っている呼吸法で交感神経を活性化させる呼吸法です。基本的に息を短めに吸って吐く方法ですが、これを長く続けていると血のめぐりが悪くなってしまうこともあります。そのため、次に紹介する腹式呼吸を意識的に取り入れていくことがポイントとなります。

副交感神経の働きを高める「腹式呼吸」
副交感神経を活性化させる呼吸法が腹式呼吸です。普段は無意識のうちに胸式呼吸になっている人が多いため、最初は腹式呼吸への切り替えを難しく感じる方もいるでしょう。
呼吸をゆっくりと整えながら筋肉の緊張をやわらげるヨガも、自律神経の乱れ改善に有効です。ヨガに取り組む際は、交感神経が優位な状態を鎮めるためにも、副交感神経を活性化させる腹式呼吸を行います。ヨガの呼吸法にはさまざまな方法がありますが、特に「息を吐く時間を長くする呼吸法」がおすすめです。
ストレッチは大きく2つのタイプに分けられます。ひとつは、ラジオ体操のように体を動かしながら行う方法。そしてもうひとつは、筋肉を伸ばしたところで動きを止める、静かにゆっくりと行うタイプのストレッチです。副交感神経を活性化させる、リラクゼーション効果を目的とする場合は、後者の静かなストレッチが効果的です。

アロマには香りによって期待できる効果も異なりますが、中でもリラックス効果があり、自律神経を整えるのに効果を発揮するのは、ラベンダーの香りといわれています。ラベンダーの香りは副交感神経に影響し、スムーズな入眠を促して深い眠りを助ける効果もあるそうです。

皆さんも是非実践してみてください!

—エステスペース川西店—–
完全予約制/女性専用/木曜日定休日
Tell 072 757 8118

☆川西能勢口駅すぐ
☆短期集中コース
☆大人気パワーツリー
☆全身コース
☆部分痩せ
☆お友達割引 有り
☆ご予算ご相談ください
☆キャビテーション
☆RF☆ラジオ波
☆LCT☆吸引
☆スリムアップ

LINEで送る