消化を早める方法

2019年1月14日

こんにちは☆ダイエットラボ川西店です。

今日は消化についてお話していきます。

 

消化とは、食物を細かく分解して食物に含まれるカロリーと栄養素を体内で最大限に活用できるようにする働きです。食物には分解されやすいものとそうでないものがあります。消化速度は主に生まれつきの身体機構に依存しますが、消化の速度と質を改善する方法もあります。この記事では消化を早める方法について説明します。

1.定期的に運動をしましょう。運動量を増やすと消化器官内での食物の移動が促されます。これにより、食物の消化速度が速まり消化過程全体が促されます。
運動には、大腸内での食物の滞在時間を短縮することにより便から吸収される水分の量を減らして、便秘を防ぐとともに消化速度を速める効果があります。
運動には、消化管内部の平滑筋の自然な収縮を刺激して食物の分解を促す効果もあります。
ただし、体内の自然な血液供給を心臓や他の活動筋ではなく消化器官に集中させるために、食後1時間ほど経ってから運動を行うのが理想的です。

2
休息を取りましょう。睡眠は消化器官に必要な休息と回復を与えて、迅速かつ効率的に食物を消化する能力を高めます。睡眠習慣を変えれば、さまざまな消化上の恩恵が得られます。
食後はすぐに眠らずに、2~3時間待って消化のために十分な時間を確保しましょう。
体の左側を下にして眠りましょう。左側を下にして眠ると消化能力が高まるという研究結果が出ています。

3.飲み物を飲みましょう。食事中または食後に飲み物(特に水かお茶)を飲むと、消化が促されます。飲み物は体内での食物分解を助けます。また、水は体に水分を補給することで消化を促します。
水分補給は唾液や胃液の量を適切に保つために重要です。
水には便を柔らかくする働きもあり、便秘予防に役立ちます。
また、水は重要な消化上の役割を果たす食物繊維を体内で効果的に活用するためにも欠かせません。

4.ヨーグルトを食べましょう。ヨーグルトは、プロバイオティクスや消化に欠かせない他の生菌を摂るために最適な食品です。[9]ヨーグルトは、以下の方法で消化によい影響を及ぼすと考えられています。
生菌の自然発生によって善玉菌の成長を促します。
感染症から回復するまでの時間を短縮するとともに、過敏性腸症候群にかかっている人の体内で免疫系の反応を弱めます。
腸内での食物の移動速度を早めます。

5.よく噛んで食べましょう。咀嚼によって消化のエンジンが掛かります。この事実は重要でありながらも、見過ごされがちです。よく噛むと食べ物の粒子の表面積が何倍にも増えて、食物に酵素が届きやすくなります。唾液に触れる食物の表面積を増やせば、円滑で効率的な消化を順調に始めることができます。

 

消化を早めるということは、痩せやすい身体にも繋がります!!これを参考に皆さんも今日から意識してはじめて見てください☆

 

LINEで送る